「筆舞」アート書で書き上げる、書の舞台作品。書家:浅井微芳、新たな作品。<黎明>REIMEI.ver。

道具

道具

  桧扇

作品の世界観に合わせて

作品は、筆と墨を使って書き上げていきます。作品の世界観に合わせて、扇などの道具を扱います。また、イメージとして、筆の軸は魔法の杖、蕾(つぼみ)を持った茎、硯は魔法の小箱であったりします。


最も美しい

また、作品のどのタイミングで筆に墨をつけるのが最も美しいかを
考えて道具の位置が決まります。その結果、道具を多数使用することになります。

道具は単なるモノではなく作品に”魂”を吹き込んでいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional